VIO脱毛とは

VIO脱毛

VIO(ぶい・あい・おー)という言葉は、全身脱毛するなら避けて通れない言葉です。


VIOは、基本的に女性のデリケートゾーンを指す用語なのですが、そのものズバリの言葉を言うのは恥ずかしい部位ですよね。そのため、VIOという言葉が使われているんです。


まとめてVIOとか、VIOラインとか言うこともあれば、1つ1つ別々に、VラインIラインOラインと言うこともあります。


VIOは、女性のデリケートゾーンに、それぞれのアルファベットのカタチをあてはめて作られた造語です。順にひとつづつ説明しますね。


VIOは具体的には何を指しているの?

Vライン

Vラインは、女性のデリケートゾーンを前から見た状態を示しています。正面から見ると、下腹部から性器につながる辺りに陰毛がV字状に見えますが、これを現わしています。


具体的な脱毛範囲としては、下腹部から性器につながる部分の陰毛の脱毛のことを意味しています。

Iライン

Iラインは、女性のデリケートゾーンを下から見た状態を示しています。下から見ると、性器が一直線にIの字状に見えますが、これを現わしています。


具体的な脱毛範囲としては、性器の両サイド部分の陰毛を脱毛することを意味しています。

Oライン

Oラインは、女性のデリケートゾーンを後ろから見た状態を示しています。後ろから見ると、肛門が丸いOの字状に見えますが、これを現わしています。


具体的な脱毛範囲としては、肛門周辺の陰毛を脱毛することを意味しています。


VIOはとても便利な言葉です

美容のために脱毛すると言っても、性器とか、肛門とか、そういう言葉を声に出すのは、とても恥ずかしいですよね。それでも、言わないと正確に伝わらないこともあるので、昔はとても困っていたわけです。


そこで発明されたのがVIOという言葉です。VIOという言葉ならとくに恥ずかしさも無く声に出せるということで、日本中の脱毛サロンにあっという間に広まりました。今では、脱毛サロンの側も、利用客の側も、ごく普通にVIOという言葉を使っています。


脱毛サロンでは、誰でも気軽にVIOという言葉を使っています。最初の無料カウンセリングのときから、ふつうにVIOラインと言ってしまって全然問題ありません。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)浜松店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!