ムダ毛の構造

ムダ毛の構造

恋肌(こいはだ)のような全身脱毛サロンに通うなら、ムダ毛の構造についても理解しておきましょう。

 

ムダ毛の構造上、重要な部分はすべて目に見えないところにあります。美容としてのムダ毛処理は、目に見えるムダ毛を無くすことが主目的なので、ここがなかなか理解しにくいところです。

 

ムダ毛、つまり人間の体毛が生えている様子の断面図を最初にお見せします。こちらに記載されている用語について、順に解説します。

 

毛幹と毛根

第一に、体毛は、見た目上の区分として2つに分かれます。

 

毛穴から出ていて目に見える部分を「毛幹(もうかん)」、毛穴の下にあって目に見えない部分を「毛根(もうこん)」と呼びます。

 

脱毛など美容行為としては、毛幹、つまり目に見えるムダ毛が無くなることが重要なのですが、ムダ毛の構造上重要な部分はすべて毛根にあります。

 

毛根の構造

次に毛根部の構造について解説します。毛根部の一番外側には、「毛包(もうほう)」という袋状の組織があります。毛包の皮膚表面に現れた部分が「毛穴(けあな)」です。

 

毛包の一番奥には、「毛母細胞(もうぼさいぼう)」が集合しています。毛母細胞は、体毛の素になる細胞で、人間の細胞の中でも最も細胞分裂が速い細胞の一つです。このため、ムダ毛は体感できる速度で伸びていくのです。

 

毛母細胞の奥には、「毛乳頭(もうにゅうとう)」があります。形状としては、毛乳頭をぐるっと取り囲むようなかたちで毛母細胞が存在しています。

 

毛乳頭は、毛細血管から栄養を摂り込んで、毛母細胞に渡しています。つまり、体毛の成長を支えているのは毛乳頭なのです。

 

脱毛施術は毛乳頭が対象

光脱毛でもレーザー脱毛でも、照射した光の熱で脱毛するタイプの脱毛方法は、すべて毛乳頭を対象に脱毛施術を行います。

 

毛乳頭に熱でダメージを与えることで、毛母細胞に栄養が行き渡らないようにしてムダ毛の成長を止めるのが脱毛施術の原理なのです。

 

恋肌(こいはだ)で光脱毛の施術を受けている時、実際に作用しているのは毛乳頭なんですね。理屈を知ると、脱毛に臨む気持ちも変わってくるかも知れませんね。

 

全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)浜松店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!