ムダ毛の自己処理の基礎知識

ムダ毛の自己処理の基礎知識

自己処理(じこしょり)とは、自分で処理するという意味ですが、何を?となるとムダ毛ということです。


脱毛の世界で自己処理というと、ラヴォーグのような専門の脱毛機関でムダ毛を取り除くのではなく、自分自身でムダ毛を取り除くことを指します。


自己処理はとても面倒で、だからこそ全身脱毛しようと考える人が多いわけです。自己処理は面倒なだけでなく、肌のトラブルの原因になることも多いです。


ムダ毛の自己処理の基礎知識をまとめてみました。


ムダ毛を抜くのは出来る限り避けた方が良いです

ムダ毛を抜くのはNG

自己処理について、まず知っておきたいのは、ムダ毛を抜くことはできるだけ避けた方が良いということです。


ムダ毛を抜くと、毛根の組織ごと引き抜いてしまうことになり、肌に大きなダメージを与えてしまいます。


ムダ毛がなくなってキレイになっても、身体に大きなダメージが残ってしまうようでは問題です。


毛抜きでムダ毛を抜くのは、もっとも単純な方法ですが、この1本というムダ毛をピンポイントで対処する程度に留めておいた方が良いです。例えば、ワキ全体を毛抜きで自己処理するなどは、問題が大き過ぎるので絶対に止めましょう。


基本的に、「痛い自己処理方法には要注意」と思っていて良いです。痛みは体が発する警報です。総じて、痛みが激しい自己処理方法に、望ましいものはありません。

ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法

毛抜きはもちろんですが、脱毛ワックスとか、脱毛テープも、ムダ毛を「抜く」系統の自己処理方法です。とくに脱毛ワックスは、ブラジリアンワックスなどの名前で最近人気を集めていますが、肌への負担は非常に大きいものです。できるだけ避けておいた方が無難です。


正しく使えばカミソリで剃るのがベストです

カミソリで剃るのがベスト

ムダ毛の自己処理の方法としては、正しく使えば、カミソリで剃るのがベストです。


カミソリで剃ると、ムダ毛の毛根部はそのままに、ムダ毛を途中でカットすることになります。肌へかかる負担はより少なくて済むのです。


カミソリで剃ると、肌を薄く削ってしまうなどの問題もありますから、事前事後のケアはしっかり行うようにしましょう。

ムダ毛を途中でカットする系統に入る自己処理方法

カミソリとともに、その電動版である電気シェーバーはもちろんこの系統に入ります。その他、脱毛クリーム(除毛クリーム)も含まれますが、脱毛クリーム(除毛クリーム)は比較的強い薬剤を用いるものですので、自分の肌との相性には気を付けましょう。


自己処理前後のケア

自己処理前後のケア

自己処理前後のケアは、基本的に次の3つの流れです。


@自己処理前には、対象部位を温めてムダ毛を柔らかくする。
A自己処理後には、対象部位を冷やして肌を引き締める。
B最後に保湿ケアを行う。


こうしたケアには蒸しタオルを使うととても便利です。


蒸しタオルは自宅でも簡単に作ることができます。タオルを水に濡らして、食品用のラップで包んで数十秒温めれば出来上がりです。温める長さで好みの熱さに調節できます。


蒸しタオルは、温かいうちは@の事前ケアに使うことができ、冷えてきたらAの事後ケアに使うことができます。最後にBの保湿ケア後の拭き取りにも使うことができます。


ぜひ蒸しタオルを活用して、快適に自己処理を行ってくださいね。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 浜松店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!