ラヴォーグで採用する光脱毛

光脱毛

ラヴォーグでは、光脱毛(ひかりだつもう)を採用しています。


光脱毛は、照射した光の熱で脱毛効果を起こすもので、脱毛を起こす原理そのものはレーザー脱毛と同じです。


ラヴォーグが格安料金で施術できるのは、光脱毛を採用していることが大きいのですが、レーザー脱毛との違いに注目すると、光脱毛の特徴が良く見えてきます。


レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いは、照射する光のパワーです。


レーザー脱毛は、より強いパワーの光を照射します。身体への負担が大きい(痛い)ため、医師が常駐する医療機関でないと取り扱うことができません。このため、施術料金はどうしても高くなります。


光脱毛は、より弱いパワーの光を照射します。身体への負担が少なく(痛くない)、医療機関でなくとも取り扱うことができ、このため施術料金を安く設定することが可能です。


レーザー脱毛と光脱毛、それぞれのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。


レーザー脱毛と光脱毛それぞれのメリット・デメリット

レーザー脱毛 光脱毛
照射する光のパワーが強い 照射する光のパワーが弱い
医療機関でないと取り扱うことができない 医療機関でなくとも取り扱うことができる
(デメリット)痛い (メリット)痛みが少ない
(デメリット)施術料金が高い (メリット)施術料金を安くできる
(メリット)脱毛効果は高い (デメリット)脱毛効果は限定的
(メリット)永久脱毛と呼ぶことができる (デメリット)永久脱毛と呼ぶことは出来ない


光脱毛のメリット

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、照射する光のパワーが(レーザー脱毛と比べて)弱いことから生じています。


パワーが弱いことで、強いパワーの光を照射することで発生してしまうデメリットを回避できると考えると分かりやすいです。


とくに医師法の規制を受けないで済む部分は大きいです。


レーザー脱毛は、身体にかかる負担が大きい、つまり痛いため、場合によっては麻酔も必要となります。このため、医師法の規制を受けていて、医療機関でないと取り扱うことができません。


その一方で脱毛効果は高く、「永久脱毛」と呼ぶことができるのですが、「永久脱毛」の定義は、ふつうに考える「永久」つまり、二度と永遠にムダ毛が生えないという意味ではないのです。


「永久脱毛」の定義は、脱毛施術1か月後のムダ毛の再発率が20%以下、ということです。これは、脱毛施術を受ける人が「永久脱毛」という言葉に期待するイメージとは、だいぶ離れているでしょう。


光脱毛の場合は、一度の照射で得られる脱毛効果が限定的なので、何度も照射を繰り返して脱毛状態を完成させていくことになります。このため、脱毛が完了するまでの時間はかかりますが、価格と期待する成果のバランスは取れている、と言って良いと思います。


だからこそ、多くの脱毛サロンで光脱毛は採用されていて、日本でこれだけ美容脱毛が広まることになったのですね。


光脱毛にも、レーザー脱毛にも、それぞれメリットとデメリットがあります。長所と短所を良く理解して、自分にとって最適な脱毛方法を選ぶと良いでしょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 浜松店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!